MENU

クリアネオで足臭ケア!足の臭いのはなぜ?その原因と対策まとめ

靴を片手に臭そうに鼻をつまんでいる

 

春の新人歓迎会、冬の忘年会など、靴を脱ぐようなシチュエーションで気になってしまうのが足の臭いです。

 

周りに迷惑をかけているのではないかと気が気ではありません。足が臭くなってしまうのはなぜでしょうか。

 

その原因について説明していきたいと思います。その中でクリアネオという制汗剤を上手に使った足臭対策についても見ていきましょう。

 

足の裏は汗の多い場所

まず知っておいてほしいのは、足の裏は大量に汗をかく場所だということです。実際、足の裏には他の部分の3〜10倍の汗腺があり、1日当たり200ミリリットル(コップ1杯分)の汗をかくことが分かっています。

 

汗は臭いというイメージを持っている人も多いでしょうから、汗が多いことが足の臭さの原因につながっているのではないかと早合点してしまう人もいるでしょう。

 

実際は、汗には臭いの原因となるような成分はほとんど含まれておらず、汗そのものは臭いの原因ではないのです。

 

これはサウナルームにあまり臭いがないことが証明になっています。サウナルームは非常に温度が高いうえに湿度が低いため、汗が蒸発しやすくなっています。

 

もし汗に臭いの原因となるような成分が含まれているのでしたら、サウナルーム内にはこの成分が充満してしまうでしょうから、とんでもない臭いになってしまうでしょう。

 

でも、実際には汗に臭いの原因となるような成分は含まれていませんので、そうした成分が充満することはなく、臭いもほとんどしないというわけです。

 

汗によって細菌が繁殖する

では、あの強烈な足の臭いは何が原因で生じるのでしょうか。そのカギを握っているのは、角質という古くなった皮膚です。

 

皮膚は古くなってもすぐにははがれ落ちずに表面に残り、肌を刺激から守っています。これが角質です。問題は汗をかいて蒸れてしまうと、角質がはがれ落ちてしまうことです。

 

角質はもともと皮膚だったわけですから、タンパク質を豊富に含んでいます。角質のタンパク質と汗の水分によって、細菌が繁殖してしまうのです。

 

皮膚には普段からいろいろな細菌が住み着いているのですが、汗の水分と角質の栄養分がその栄養分となってしまうのです。この細菌が栄養分を分解する過程で生じる物質のひとつ「イソ吉草酸」が、足の臭いの原因になっているのです。

 

ということは、足をきちんと洗って細菌を洗い流しておけば、足の臭いを防ぐことができるのではないかと思うかもしれませんが、事はそれほど簡単ではないのです。

 

靴も臭いの原因になっている

日本では、靴をはかずに外出する人はあまりいません。そして、靴は足に密着しているわけですから、足の裏にある汗や角質、細菌などが靴の内側に付着してしまいます。

 

上にも書きましたように、足の細菌は汗や角質を栄養分として繁殖していきます。そして、それらがすべて靴に付着してしまうということは、靴の内部でも細菌が増殖してしまうことを意味しています。

 

特に、ブーツや革靴など、通気性が良くないものは問題です。靴を脱いだあとも内部がなかなか乾いてくれませんので、長期にわたって湿度が高い状態になります。

 

そのため、細菌が繁殖しやすくなるのです。

 

そうした靴をずっと履いていると、内部が乾燥する時間が短くなってしまいますので、内部の細菌の数が増えてしまいます。

 

そうなると靴を履いただけ足や靴下に大量の細菌がついてしまいますので、いくら洗っても臭いが落ちないということになってしまうのです。

 

それは臭いの原因が足ではなく靴の方にあるのですから、足を洗っても臭いが落ちないのは当たり前のことなのです。

 

原因が分かれば対策も見えてくる

こうした原因が分かれば、足の臭いに対する対策も見えてくるでしょう。まずは角質や細菌を適度に落としたうえで、靴をケアすれば臭いは減少するのです。

 

角質や細菌を適度に落とすためには、足を洗うことが必要です。

 

特に角質はボディーソープで洗っただけでは落ちてくれませんので、軽石を利用するなどするのがいいようです。ただ、角質は落としすぎると肌のダメージにつながりますので、あくまでも適度に洗うのがミソです。

 

靴のケアについていえば、乾燥しないので細菌が繁殖しやすいのが問題なのですから、乾燥させるようにすればいいのです。外出をしない日に天日干しにして乾燥させれば、紫外線の働きもあって細菌は大幅に減るでしょう。

 

また、外出するにしても周辺だけでしたら、ブーツや革靴を履く必要はありませんので、靴を「休ませる」日を設けるのもいいでしょう。

 

靴を履かなければ足の汗を吸うことはありませんので、しっかりと乾燥させる時間を作ることができるからです。

 

足の臭いが発生するメカニズムのキモは、汗です。

 

汗さえ出なければ雑菌の繁殖も防げますし、蒸れることも防げます。

 

そんな、気になる汗を止める効果が期待できるのがクリアネオです。

 

クリアネオを使っている

 

制汗作用の強い成分、『パラフェノールスルホン酸亜鉛』を配合。長時間にわたり汗の制汗効果が期待できます。

 

使い方も簡単で、足の裏全体にクリアネオを馴染ませるだけ。

 

この際、汗をしっかりと取ったうえでケアするのが重要なポイントです。ほんのりとでも湿っていると効果が半減します。

 

なので、クリアネオ使用前はしっかりと汗を拭きとってから使うようにしましょう。

 

状のように、足臭対策は原因を把握したうえで対策方法をしっかりと立てれば効率的です。そうすることで、足の臭いが軽減し、宴会シーズンに必要以上に神経質になってしまうこともなくなるのではないでしょうか。

 

クリアネオの詳細はコチラ